岐阜県中津川市の学習塾、高木教室のホームページ

はぐねっこ

勉強の根っこを育む!

「はぐねっこ」というのは、根っこを育(はぐく)むという意味です。

では、根っことは何でしょう?

学校で勉強をするためには、まずは座っていられる体力が必要ですね。

それから、文字を読んだり書いたりする基礎中の基礎が身についていないと、教科書の内容を理解したり覚えたりできませんね。

算数では、数の概念が分かって、足し算・引き算・かけ算・割り算、そして小数分数の計算ができることが、中学での数学の勉強には絶対条件です。

英語が教科になった今は、英語の基礎、アルファベットを覚えることも根っこになります。

そんな基礎=根っこをしっかりと身につけさせたい!そう思って、このクラスを作っています。


どの学年でも必要ですが、
令和2年度は6年生クラスのみ行っています。
計算力を身につけることを一番の目的にして、指導しています。

「ゆっくりでもできる」から「すらすらできる」へ!

中学になって入塾してくる子どもたちを見ていると、四則計算(+-×÷)が正確にできない子どもさんがいます。

また何とか答えが出るけれども、とても時間がかかってしまったりします。

それは、やり方が「分かった」レベルで終わっているからです。

「分かって、ゆっくりでもできる」ことで満足している子どもさんが多くいます。

保護者の方や、学校の先生でも、
「この子はこれくらい出来ていればいい」と、満足したり、半ばあきらめたりしているようなこともあります。

けれども、
「ゆっくりでもできる」レベルでは、中学の数学で点数をとることはなかなか難しいです。

時間がかかりすぎると、計算問題をやるのが嫌になってしまいがちです。

嫌だからやらない→できるようにならない→点数が取れない→ますます嫌いになる・・・という悪循環に陥ってしまいます。


そんな悪循環を抜け出して、
分かった→練習を繰り返す→できるようになる→練習するのが少し楽しくなる→スラスラ出来るようになる→テストで点数につながる→好きになる こんな好循環を目指して、指導していきたいと思っています。

小学校の時だけでは無理でも、中学で頑張てるような力を少しでもつけさます。

はぐねっこで目指すところ

①四則計算(足し算引き算かけ算わり算)がすらすらできる。
②分数計算がすらすらできる。
③割合や速さなど苦手を克服し、すらすら解けるようにする。④英語アルファベットがすらすら書け、簡単な単語の読み書きができる。
⑤中学校で十分に学ぶ機会がないフォニックスも学び、知らない単語も読めるように。

12月からは『中学準備クラス』に移行します。上記の内容は準備クラスも含めての目当てです。

オンラインで授業をしているところです

時間・料金

日時 月曜日 木曜日
   5:00~5:55
  月曜日はリアル授業 木曜日はオンライン授業で行っています。

月謝 週1回 6,000円
   週2回 10,000円
   入塾金 5,000円 教材費3,600円

お問い合わせはこちら TEL 0573-72-2325

PAGETOP
Copyright © 高木教室 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.