令和になって初めての定期テスト!

いや、別に令和云々は必要ないですが・・・。笑

月日の経つのが年々早く感じるようになっています。
これは年齢が上がると、日常にあまり変化が無くなるからだという話を読んだことがあります。
子どものうちは、日々が新鮮だったりするから、それほど早くは感じないそうです。

私も日々いろいろあり、新鮮な思いで過ごしていますがねえ。。。

修学旅行や研修旅行も無事に楽しく終わり、中学生は6月末の中体連に向けて部活動の練習や練習試合など、頑張っています。

が、あまりに頑張りすぎて?疲れ果てている子も多くいます。
夜の教室、眠さと闘いつつ、という子もいます。
書いているうちに寝落ちしてしまう子もいます。

そんな時は、すぐに起こしてもいつまでも眠いので、15分くらい寝させます。
するとすっきりして、そのあと集中できる子もいますが、う~ん、起こしても起きない場合もあります。


中体連の前には、中間テスト(学校によっては期末テスト)があり、すでに取り組みが始まっています。

意識していつもより勉強量を増やしている子もいますが、
「家ではゼロ!!!」と豪語?する子も数人います。

ゼロでなく、やってほしいです!

家ではなかなかはかどらない子のために、テスト対策のAMKを何度か組みました。

昨年は、参加者が少なく、回によっては1人とか0とかいうこともあったので、今回も特別にやらなくてもいいかとも思いましたが、
中には、しっかりやりたい(やらせたい)という子(親)もいますので、直前にも組んでみました。

確認事項 

*月曜日・火曜日の1年2年は開始時間を早めて2時間とします。 
*水曜日・金曜日のAMK講座もいつもより時間を長くしますので、開始時間終了時間を確認してください。
1年2年は時間を少し長くしますので、7月月謝で少し追加いたします 
   (3年生との整合性のため)
*AMK講座については、この期間はどの教科の質問も受け付けますし、学校のワークなどの質問にも対応します。
ただし、家でやっていない学校の課題をここでやっつけ仕事的にやるのはNGです。
*1年2年生はもちろん、3年生も追加AMKに参加できます。
 1回500円 7月月謝で集金いたします。 
*中間テスト終了後、テストを持ってきた生徒さんについては、今後の勉強に関してアドバイスなど行います。

申し込み方法

メール(takagikyoshitsu.haru@docomo.ne.jp)あるいはLINE@で

始まる1時間前まで受け付けますが、満席の場合は、お断りしますので
早めにお申し込みください。