本やの日々

本や研修、行ってきました。in和歌山&京都

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

本や+αのスタッフのあまこです。

11月11日、12日は研修と称して、和歌山・京都へ行ってきました!女3人スタッフで本屋を巡る旅です~

 

メインの目的は、ネットで知ってから行ってみたいなぁと思っていた『本屋プラグ』さん。

http://plug-kitchen.com/  (画像はウェブサイトより)

和歌山市で、カフェと本屋の営業のほか、映画会やボードゲームナイトなどなど面白そうなイベントもたくさん企画されている本屋さんです。「なんか本や+αと似てる…」なんて言ったらおこがましいほど規模やおしゃれ度が違います。素敵です。

日にちを決めたら、ちょうどその日に『一箱古本市』というイベントがやっていることが判明。どうせなら参加しちゃおうということで、段ボールにはぐくみ本を20冊セレクトして持って行きました。

和歌山までは車で4時間半。朝6時に集合して出発!!

 

 

本屋プラグに無事到着し、箱を広げて『一箱古本市』がスタートしました。

13組の店主さん、そしてお客さん方とお話しながら本を紹介できます。「はぐくみ帯がついてると読みたくなるね~」と買っていってくださる方がいて、本当にうれしい!

 

私も他の店主さんの箱や本屋プラグ店内の本を見ていると読みたい本がいっぱいあって、思わずたくさん買ってしまいました。売った冊数よりも買った冊数のほうが多い(笑)  でもいいんです、今回は「営業」ではなく「研修」ですので…

お子さん連れのママさんもたくさん参加されていて、「本好きの子を育てるには、なんて理想な環境でしょう!」

 

本とスケッチさんには、宮沢賢治と私のコラボイラストを描いていただきました。に、似てる。。。

イベント後は、店主さん同士の交流会もあり、本のことだけでなくいろいろな話もできて、繋がりが深まりました。岐阜、中津川にも興味を持ってもらえて良かったです。

自分の大切な本を、思いをこめて次の人へ直接渡せるというのは、本や+αのコンセプトにもぴったりなので、そのうち同じようなイベントをやりたいなと夢が膨らみました。とても収穫の多いイベントでした!

 

 

 

2日目は、朝から和歌山県民のソウルフード「グリーンソフト」(さっぱり!美味!)を食べながら、京都へ向かいます。

京都には全国的に有名な本屋さんが数件あるので、それらを巡ろうと、紅葉シーズン真っ盛りの中へ繰り出しました。まずは、下鴨神社をお参りし、糺の森で行われていたイベントでまた古本などを物色しながらお昼ご飯。

 

そして、1件目の『ホホホ座』へ。

http://hohohoza.com/

1階は新しい本と雑誌や雑貨。2階では古本を扱っていました。

独特の品揃えで、面白そうな本がいっぱいありました。店内に入った途端、黙々と本を物色する3人。
ほとんど初めて見る本ばかりでしたが、何の脈絡もないようなところに、私の好きな内田洋子さん「ジーノの家」が置いてあったので、それだけで私は「とても良い本屋だ!!」と一人興奮しておりました。

 

 

2件目は『恵文社一乗寺店』。

http://www.keibunsha-store.com/   (画像はウェブサイトより)

新しい本のほか、雑貨、ギャラリーなどもあります。絵本もたくさん!

本のセレクション、並べ方、店内の雰囲気などが一般的な本屋と違っていて、読んでみたい本がいっぱい見つかる本屋さんです。いくらでも時間を過ごせそう。そして、気になる本を買おうと思ったら、お金がいくらあっても足りない。
普段amazonを利用しがちな私ですが、この本屋と出会って、「新しい本と出会うには、やっぱり実際に棚から選ぶ本屋って必要だなぁ」とつくづく思います。
本屋業界では、かなり有名な本屋さんですので知っている方も多いと思いますが、本好きの方でまだ行ったことのない方にはぜひおすすめです!

 

 

他にも行ってみたい本屋があったので後ろ髪引かれつつ…
帰りの車中では、今回手に入れた本について紹介し合ったり、本についてアツく語ったりしてきました。

どんな本を選ぶかで、その人自身がよく分かります。
ちなみに、私は知らぬ間に10冊も本をゲットしていました。

良い本、人と巡り会えた研修旅行になりました!
今後の本や+αにまたご期待ください~\(^_^)/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*