ミニ映画館*チネマピッコロ

心の傷と向き合う39分間【タシちゃんと僧侶試写レポ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは、スタッフの三浦です。

先日、チネマピッコロウィークより一足先に、「タシちゃんと僧侶」の試写をさせて頂きました。

映画を観る前は、『タシちゃんをはじめとする子どもたちと僧侶さんが、毎日楽しく暮らす様子を描いている映画かな?』なんて軽く考えていました。

 

しかし、違いました。違ったんです。

 

もちろん、和気あいあいと日々を過ごすシーンもあります。

でも、舞台は孤児院。

不幸に見舞われた子供たちがいるという現実を、暗に物語っています。

 

”タシちゃん”も、その子供たちの一人です。

心に傷を負っている様子が、映画を観ていて伺えました。

 

僧侶であるプントソックさんは、その現実とひたすらに向き合い、子どもたちの父親として毎日を生きています。

父親”代わり”ではありません。

本当の父親として、子供たちに愛と思いやりを注いでいるのです。

その覚悟たるや

 

そして、ある日とても悲しい事件が起こります

楽し気な予告編からは予想もしていませんでした。

まさかあんな出来事が起ころうとは……。

 

39分と短いドキュメンタリー映画ですが、心の傷と向き合うような、そんな時間に感じました。

 

続きが気になる方はぜひ上映会へお越しください。

 

▼上映情報はこちらから!▼

『タシちゃんと僧侶』上映会【2018.3.31開催】

★☆3月30日~4月3日、5日間で11作品上映☆★
チネマピッコロウィークを開催!→詳細はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

イベントの申し込みはこちらから!

電話(080-2630-1845)または
Facebookページからもお申し込みいただけます。

フォームから申し込む

コメントを残す

*