本やの日々

本を読んでもいなかった子が読書感想文を上手に書けた日【読書感想文講座レポ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんばんは。最近読みたい本が多すぎて、気づいたら5冊同時並行して読んでいるあまこです。

 

7月も終わりに近づきましたが、小中学生の皆さん、宿題を順調にやっていますか?

 

夏休みに残りがちな宿題と言えば、読書感想文!!ですよね。

(そういう私は夏休みに感想文を書いた記憶はないなぁ…学校で書いたような…?(遠い記憶)

 

毎年夏休みの終わり頃に、学習塾のほうで相談を受けるので、今年は、本や+αで、7月28日に『本を読むのがめんどくさい子が読書感想文をさっさと終わらせる日』という長ーい名前の読書感想文講座を企画しました。

 

その名の通り、本を読むところから清書の手前まで!1日で済ませてしまおうという講座。

そもそも普段本をあまり読まない子にとっては、本を選び、読み切ること自体が大変だということで、私たちのおすすめの絵本を用意し、それを読んで書いてもらいました。(おすすめの本は何冊か下のほうで紹介します)

 

午前中の小学生の部は3人。

初めての読書感想文を書く2年生の男の子2人と、できれば賞も狙いたいという4年生の女の子。

 

それぞれ本を選んで読み、講師が質問をしながら、書く内容のアイディアを出していきました。

 

4年生の子の選んだ本のテーマは、「平和」。

「へいわってなんだろう?」「なんで戦争するんだろう?」と、普段考えたことのない(おとなでも難しい!)ことを、一生懸命考えて書いてくれました。

午前中に大筋を決めて1回目の下書きをし、午後3時頃まで残って、だいたい最後まで書くことができました!

2年生の子も、長時間、頑張って書けました。

できた作文は、あらすじだけではなく、思ったことや考えたことがたくさん書いてある、とても良い感想文になりました。

 

【参加した小学生の感想】

〇べんきょうをおしえてくれてうれしかったです。らいねんもがんばります。

〇先生がやさしくおしえてくれて、じょうずに書けました。次からは自分で書きたいです。

 

【保護者の方の感想】

〇初めての読書感想文で、本人もですが、親もどう教えてあげたら良いのか分からず、受講させていただきました。ちゃんと自分の気持ちを書けていてびっくりしました。普段あまり自分の考えていることを自ら言うことが多くない子なので、本を読んで感じたこと、思ったことがすごく伝わり、うれしかったです。

〇毎年子どもと一緒に考えて書いていますが、どのように進めていけば楽しく書けるのかな?といつも思うので、何かヒントをいただければと思い受講してみました。お母さんと一緒に書くやり方とは全然ちがったよ!と話してくれました。いつもの「書けんー」「わからんもーん」から解放されて、はやく仕上げたい!という気持ちが伝わってきました。とても内容を理解して、自分の気持ちがびっしりつまっている感想文になり、ちょっと(だいぶ)感動してしまいました!これもまた夏休みの思い出の1ページになったと思います。

 

 

夕方からは、中学生の部。

「本読むのめっちゃ遅いんやけどほんとに今日書けるかな」 「字ー読むのめんどい」と言う子たちが集まりました。

ようこそ!この講座はまさにあなたたちのもの!笑

 

貧困問題や環境問題から自分たちの生活を見直すような内容の本を中心に選び、書いてもらいました。

 

すぐに読める短い本ばかりですが、読んだだけでは「なんかよく分からんかった」という感想。

しかし、少しかみくだいて説明すると、

「そんなこと考えたこともなかった」

「初めて知ったー」

「なんでだろう?」

と、新しい気づきがあったり、自然な問いが出てきたりして、感想文を書き進めることができました。

 

もちろん、自分で本を読んで、自分で感想文を書ければ、それに越したことはありませんが。

中学生ともなれば、ネットで模範の感想文をコピペしちゃうとか、とりあえずあらすじだけ書いとけばいいじゃんと済ませてしまう要領の良い子もいる一方、こんなふうに対話をしながら、本の内容を深めていくことができたのは、すごくいい勉強だなぁと感じました。

 

台風が心配だったので、清書まで終わらせることはできませんでしたが、下書きが終わって晴れ晴れとした顔でみんな帰っていきました。

 

 

今回の講座で使ったものとは違いますが、私の読書感想文用おすすめ本をいくつかご紹介します↓
(画像を押すとアマゾンのページが開き購入できます)

 

【小学生向け】

『教室はまちがうところだ』(蒔田晋治)

授業中に意見を言う時にどんな気持ち?と小学生でも自分の体験を書きやすい一冊。

 

『さっちゃんのまほうのて』(たばた せいいち)

さっちゃんと友達になったら、どんなことを一緒にしたい?弟や妹がいる子にもおすすめ。

 

【中学生向け】

『クラスメイツ』(森絵都)

24人のクラスメイトの中にきっと自分や友達と似た子がいて共感できる!
前期・後期とあって長編ですが、いくつか気になる子をピックアップして読めば全部読まなくてもOK

 

『マララ 教育のために立ち上がり、世界を変えた少女』(マララ・ユスフザイ)

中学生にも読みやすく、ノーベル平和賞を受賞したマララさんを少し身近に感じられる。
女の子におすすめ!

 

本や+α店頭では、上で紹介した本を含め読書感想文におすすめの本を、夏休み期間中、特別貸出をしていますので、本選びに困った小中校生はよかったら来て下さいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る