ミニ映画館*チネマピッコロ

「未来の食卓」上映会【2018.10.13開催】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

本や+αでは、毎月1回チネマピッコロという映画上映会を開催しています。
大きな映画館では上映しないドキュメンタリー映画や短編映画を観て、上映後には参加者同士で感想を話したりするシェア会をします。
毎回様々な方が集まり、新たな出会いや気づきが生まれています。

 

10月のチネマピッコロは…『未来の食卓』です。

学校給食や高齢者の宅配弁当の食材を全てオーガニックに替えた南フランスの小さな村のドキュメンタリー。

2008年の映画ですが、フランスでは公開後オーガニックブームが起こった話題作です。

「オーガニックがいいのは分かってるけど、高いから…」とつい避けてしまう方、村の人たちと子ども達の変化を目の当たりにしたら、何かが変わるかもしれません。

 

日時

10月13日(土曜日)
【昼の部】14:00~
【夜の部】19:00~

※映画自体は約90分。
上映後、1時間程度シェア会があります。(希望者のみ)

場所:本や+α(岐阜県中津川市下野217-18)

料金:一般1200円(1ドリンク付き)

参加の方法:
下記のpopcornのサイトよりチケットを事前購入ができます。

昼の部はこちら⇒https://popcorn.theater/events/1210
夜の部はこちら⇒https://popcorn.theater/events/1211

※チケットの購入方法が分からない、ネットやクレジットカードが使えない、当日会場で購入したい等、ご質問・ご相談がありましたら、遠慮無く本や+αまでお知らせください。
当日、会場にてご購入していただくことも可能です。

電話⇒080-2630-1845
フェイスブックやウェブサイトからもお問い合わせいただけます。

 

*****************************
【映画の紹介】

美しい自然に囲まれたフランスのバルジャック村。ショーレ村長は、子ども達の未来を守るため“学校給食と高齢者の宅配給食をオーガニックにする”という前例のない試みに挑戦した。「値段の高いオーガニック給食を村の財政でまかなえるのか」と初めは戸惑っていた大人たちだったが、給食や学校菜園での野菜作りを通して自然の味を覚えた子ども達に巻き込まれ、小さな村は少しずつ変化していく。フランスでは公開後、オーガニックブームが起こり、多くの人が自分の食生活を見直し始めた。日本でも若者からお年寄りまで、幅広い層の人々により各地で上映の輪が広がっている。映画音楽の巨匠ガブリエル・ヤレドが、撮影した素材を見た途端音楽担当を快諾したという瑞々しく美しい映像と、ヤレドの情緒溢れる音楽が見事に調和している。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

イベントの申し込みはこちらから!

電話(080-2630-1845)または
Facebookページからもお申し込みいただけます。

フォームから申し込む

コメントを残す

*