本やの日々

ゆめの樹音楽祭に出店しました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

10月に入り、あちこちでいろいろなイベントが開催されていますね。

今日、7日は、中津川市福岡で『ゆめの樹音楽会』というイベントが行われました。

 

これは、昨年知り合ったtigerlilyさんという音楽ユニットのお二人が中心になって企画されたイベントです。

私、高木はお二人からこの企画に対する熱い思いをお聞きし、応援したいと出店を決めました。

 

私たちが住むところは、合併前は恵那郡福岡町でした。

この福岡町は、良くも悪くも色がないというか、穏やかな雰囲気と言えばよいけれども、何か活気が無い。

まあ、そんなことをここで書いていると長くなってしまうので、割愛しますが、

とにかく、この福岡で!自分たちで!大きなイベントをやって地域を元気にしたい!という思いを聞いて、それは私も同じ気持ちだと賛同しました。

 

また、会場となる福岡ふれあい文化センターは、3年後には閉鎖されることが決まっています。

合併して、中津川市全体としては幾つもの文化センター(ホール)を抱えることになってしまい、財政的に維持していくことが難しくなってしまったのです。

それに、このセンターは借地で賃料が高いことも、存続できない理由だと聞いています。

 

そんなふれあい文化センターを、少しでも活用したい、他の地区の人たちに、ここにこんな良い場所があるということを伝えたいという思いもお聞きしました。

 

さて、前置きが長くなりましたが、

そんな熱い思いで開催された『第1回ゆめの樹音楽祭』、心配された台風も逸れて、秋とは思えないほどの暑い日差しの中、大盛況となりました。

 

ホールでは、近隣の高校の吹奏楽部の演奏や、少年少女合唱団の発表がありました。

最後にはプロの演奏もあり、子どもたちにプロの演奏を聴かせたい、コラボして演奏などしたいというのが、主催者の一番の目的で、それが達成されたのではないでしょうか。

(残念ながら私たちはホールで耳を傾ける余裕がありませんでしたが・・・)

前庭では、たくさんの出店者がフリマをして盛り上げました。

 

私たち本や+αは、今回は子供向けの絵本類をたくさん持っていきました。

子どもさん連れの親子さんに、何冊も買っていただきました。

 

イベントに出店することで、まだまだ知られていない「本や+α」を知ってもらうことができます。

 

今回も、まったく知らないという人にチラシを手渡しして、知ってもらうことが出来たり、

名前は聞いているけど、どこにあるの?という人に、国道沿いのここですよと伝えることが出来たりしました。

 

とても嬉しかったことは、新聞などで見て、すごく気になっていたのですよ~と、何人もの人から言ってもらえたこと。

 

私個人としては、塾の卒業生やそのお母さんなどとも出会えて、近況を聞くことも出来て嬉しかったです。

たまたま帰省した息子にも準備を手伝ってもらいました。

 

このイベントは第一回ということで、来年から何年も続けていきたいとのこと。

より進化し、盛大になっていくことを、私も祈っています。

 

10月はもう一つフリマ出店を予定しています。

28日の『もったいな市』が、中津川ルビットタウン前の緑地公園にて行われます。

ここへも、子ども向けの本を中心に持っていく予定です。

ぜひ、遊びにお出かけください。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*