ミニ映画館*チネマピッコロ

わずかな材料と人の手だけで家が作られていく光景は感動的でした。【モバイルハウスのつくりかたレポ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは。あまこです。

先週日曜日は、チネマピッコロ「モバイルハウスのつくりかた」上映会を開催しました。

 

 

建てない建築家、坂口恭平さん監督のドキュメンタリー映画。

坂口さんは一時期結構話題になっていたので、名前だけは知っていたのですが、映画を観る前に、何冊か本を読んでみました。

「TOKYO0円ハウス0円生活」
鈴木さんを中心に、路上生活者のおうちや人々を取材した記録。
『ホームレス』のイメージががらっと変わりました!
坂口さんの生い立ちや考え方も詳しく書かれているので、映画と合わせて読むと分かりやすいかと思いました。

 

「隅田川のエジソン」
こちらは、上の本の鈴木さん達の話を小説風にまとめたもの。
実話エピソードとは思えないほど、いろんなことが起こっておもしろい!
意外にも、ビジネス書?自己啓発本?としても読めそうな感じでした。

 

 

本がとってもおもしろかったので、映画も期待しながら上映会を迎えました。
(上の本は、現在本や+αにも置いてあります!)

 

 

昼の部は女性ばかり、遠く愛知県の知多や豊田から来て下さった方もいました。

なぜそんな遠くから来て下さったのか…私としては、映画の感想よりむしろそっちに興味津々!

〇自分で作ってみたいと思って参加しました。(40代女性)

〇無農薬、無肥料でやっている畑のとなりに、セッションハウスを持つのが夢です。映画を観て、益々実現可能に思え、嬉しくなっています。(60代女性)

〇農地にモバイルハウスを置けるのは便利かもと思いました。(50代女性)

〇自分で家を建てることに興味があり、参加しました。ホームレスの人に対する固定概念が変化しました。自然と共に生きることとか、人とのつながり、原発の話からもいろいろ考えさせられました。坂口さんはどこに向かうのかな??というところにも興味を持ちました。(40代女性)

 

「モバイルハウス」のような小屋を建てることに興味のある方が多かったです。

既に実際に建てた方や、情報を集めて検討している方もいて、参加者同士でいろいろな情報交換もされていました。

皆さんの家が建ったら見てみたいなぁ~!

坂口さんを知っていて観に来たという方は、昼夜合わせても1人しかいませんでしたが、みなさん映画を観てとても興味を持ったようでした。

〇坂口恭平さんのことを初めて知りました。人生の楽しみ方や、年長者への敬意、まわりの人への発信…常におもしろい人でした。一度ゼロセンターも見てみたいな。(40代女性)

〇坂口さんの「おもしろそう」という感覚的なもので素材や形などを決めて行動していく姿が面白かった。生活するために必要なものはほんとは少なくて良いんだなと思いました。私は物をもちすぎている!!(30代女性)

〇大ファンだったので、久しぶりに坂口恭平さんを見られて、うれしかったです。改めて生き様、考え方、すべてに胸キュンでした。(40代女性)

 

私は、本を読んで、坂口さんよりホームレスの鈴木さんや船越さんに興味を持ったので、実際に映像で観られてうれしかったです。

 

 

夜の部は男性が多く、シェア会の内容もまた違ったものになりました。

〇わずかな材料と人手だけで1つの家が建てられていく光景は感動的でした。自分の住む家をどう作るかということは大切なことのはずなのに、これまで深く考えたことがなく、刺激を受けました。東京五輪のスタジアム建設などとは対極的な思想だと思って見ていたら、隈研吾氏も出演していて驚きました。「選択肢を増やすためには行動を起こすこと」という言葉が特に印象的でした。(20代男性)

〇モバイルハウスは、少し思っていたものとは違った。制作してからの活用とかももっと知りたかった。(40代男性)

〇坂口さんの人との関わり方が面白いと思いました。路上生活者を世に知らしめ、そのノウハウをうまく活用・実現化している…ひらめきを現実に実行する力や周囲を巻き込んでいくエネルギーなどが強いんだろうと感じました。(40代男性)

 

坂口さんのDIY力(ホントに建築学科卒?と思うほど素人っぽい)を見て、「僕のほうが上手にできそう」という感想もありました笑

軽トラの荷台を改造してお店やキャンピングカーにするのもいいね、と、男のロマンが繰り広げられました。

 

 

ローンを何十年も組んで家を手に入れ、働いたお金の多くがそれに消えていく…
壊れたところや変えたいところがあれば専門家に頼むしかない…

そういうことが当たり前になっている「家」は、もしかしたら私たちを不自由にしているのかも?

坂口さんや路上生活者の方々の真似が全部できるわけではないけど、「自分の好きなように作れる」「自分で直せる」「自分で工夫できる」ということに気づければ、もっと自由になれそうですね。

そして、それは「家」だけに限らないと思います。

Let’s  “Do It Yourself”!

 

次回のチネマピッコロは12月15日(土)を予定しております。

今年最後の上映作品、何にしようかと悩みに悩んでいます(>_<)

詳細は近日中にお知らせします!お楽しみに!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*