その他イベント

夢は実現する!!【2019.2.7市民大学講座レポ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

いきなりですが、あなたは夢をもっていますか?

その夢を実現させるために、どんなことが必要でしょうか?

本や+αのマネージャーである亜麻子が、中津川市の市民大学講座の【夢は実現する!!】というパネルディスカッションのパネラーに選ばれて、7日夜にお話をしてきました。

撮影係兼、物販係として着いていった高木。その様子をご報告したいと思います。

7時から始まりました。最初の頃は三人ともとても緊張した面持ちでした。

写真にもその緊張感が表れてます。3人とも渋い表情ですね。



亜麻子以外のパネラーのお二人を紹介します。

真ん中の小木曽淑子さんは、中津川市の国道沿いで「こうじキッチンこぎちゃん」という食堂を営まれています。

元々は名古屋市の小学校で管理栄養士をされていたのですが、食べる楽しさを追及するというよりは、いかに安全であるかをアピールするようなやり方に変化してきてしまい、「私のやりたいことはこれじゃない!」と安定した公務員という職を捨てて、本当に安心できて美味しい食べ物を作って喜んでもらいたい!と、四年前に食堂をオープンさせたのだそうです。

子どもさんを連れての開業。さぞかし不安も大きかっただろうと思いますが、「すべてのことは無駄ではない」「どうせ無理とは言いたくない」という言葉にはとても説得力がありました。

こぎちゃんで私も何度かランチをしたことがありますが、とても丁寧に作られたことが分かるランチで美味しくて、お話を聞いて益々ファンになりました。

また「ドリームマップ」という夢を実現させるための講師の資格もお持ちだそうです。

あたかも実現したか、あるいは進行形であるかのように、夢を描いて行くと実現させることができる!!とのこと。

まさしく【夢は実現する!!】にピッタリのお話です。

もう一人は、加子母で「花のくまさん工房」という会社を経営されていらっしゃる、熊崎美保子さん。

トマト栽培農家の嫁として嫁ぎ、娘さん3人を育てながら、家族や地域の偏見と批判にさらされながらも花を栽培する会社を立ち上げて、25年間も頑張って来られたそうです。

そりゃもう「田舎の嫁あるある」を多々経験されて、いや、それ以上の激しさだっただろう幾多の苦難を乗り越えられて来たお話は、思わずぐっと胸の詰まるような内容もありましたが、それをユーモア交えてお話しされ、私は初対面ですが、すっかりとファンになりました。

始まる前に亜麻子と記念写真

さて、亜麻子ですが、パネラーに選ばれた時に、

「私って夢を追いかけて実現させたわけじゃないんだよね。だって、塾だってたまたまお母さんがやっていたし、ミラマールはフェデリコ(夫)がやりたいって言っていて、たまたまお店を譲ってもらえて、本やもすごくやりたかったわけでもないし。だから、何を話せば良いか分からない」ということを言っていました。

そして、本当にその通りに話をしました。

一つ夢を実現させたと言えることがあるとすれば、「図書館や本屋で泊まりたいと思っていた」とのことです。

大変さは何ですか?との質問には、集客が大変だけど、最近は常連さんも出来てきて、楽しんで出来ているのでそれほど大変さも感じないで来てしまったと、ノート天気な亜麻子です。

そして、自分の中で大事にしていることは何ですか?という質問には、特にないですと言いつつ、「どうしてもイヤだったらいつでも辞めればいいと思っているのです」と。( ´∀` )

「でも、いつでも辞められると思うことで、かえってもうちょっと頑張ろうかと思えるし、お客さんに喜んでもらえると嬉しくて、何とか数年続けてくることが出来ました」と話していました。

本やチョコレートを販売させていただきました。

パネラー同士で質問しあうという時間もあり、お二人から出た質問は「どこでイタリア人のパートナーを見つけて来たのですか?」というもの。

えっ?それ? 思わず亜麻子も苦笑いしておりました。

二人の馴れ初めは・・・またどこかで。ここでは割愛します。

亜麻子以外のお二人の大事にしていることは、なるほどと思えるようなお話でした。

小木曽さんは「自分のやっていることは間違っていないという思いはブレないようにしています」とのこと。

熊崎さんは「失敗したり落ち込んだときは、とことん自己分析します。すると客観視出来て、次につながります」と。

夢の実現に向けて大事なことは、ブレない思いを強く持って、自己分析などしつつ諦めないで続けていくことですね。

そして最後に、3人の「これからの夢!」

小木曽さん「ドリームマップ講座を開催していきたい。4月21日に開催します」

熊崎さん「加子母の地域に貢献できるような活動をしていきたい。若い後継者を育てていきたい」

亜麻子「塾でもミラマールでも本やでも、関わってくださる人の視野を広げるお手伝いをしていきたい」

ああ、最後に何とかそれらしくまとまったと、ほっと胸をなでおろした高木でした。笑

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメント

  1. たみこ より:

    みんなすごい‼素敵な方ばかり!私の夢は??

    1. takagi より:

      たみこさん。コメントありがとうございます。本当に、市民講座に参加された人は、パネラーはもちろんのこと、お話を聴きに来られた人たちも素敵な人たちばかりだったと感じました。その場の雰囲気で分かりますよね。
      たみこさんの夢は何でしょう? 私(高木)は、何でもいいから「これをしたい」「あれをしたい」と思うことが、いつの間には実現していた!という感じです。どんな小さなことでもいいのです。~~へ行きたいとか、~~を食べたいとか・・・。 実現させるコツ?があるとすれば、その~~したいということを人に話すことが大事かと思います。どんな荒唐無稽な内容だったり、人からは何それ?と思われるかもしれないと思ってもね。 そんなお話をしにいらしてくださいね。

コメントを残す

*