お楽しみイベント

冷や汗と爆笑のあいだ【9.14プレゼンカラオケ大会レポ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは。本や+α店長あまこです。
3連休が続く9月。いかがお過ごしでしょうか。

6月に第1回を開催して、思った以上の注目を集めたプレゼンカラオケ大会。
9月14日に第2回を開催しました!


第1回目の様子はこちら↓

主催の久保さんによるレポをどうぞ!↓

********************************

またまた開催しましたプレゼンカラオケ大会!
今回は9人で前回から1人増えました。
また参加したいと前回に続いて参加してくれたり、気になってたんだよね!と興味を持って挑戦してくれた方もいて、とても嬉しかったです!

クジで決められたテーマとランダムなスライドでプレゼンテーションをするという内容を最初に説明するのですが、見た方が早い!という事で今回も私が一番手で発表しました。

テーマは「音楽」
魚群の画像が出た時は、(この画像で音楽って・・・)となりましたが、「CDジャケットでこの写真が使われているんです。」と言いきりました。冷えたトマトの画像が出た時は、「かの有名な曲セロリしかり、どんな小さな事でも曲になるんです。」的な事を言った気がします。自分でも何言ってるのかよくわかりませんでした。笑

スライド毎に頭が真っ白になるんです。プレゼンなのに毎度スライドが初めて見る内容なんですから、そりゃそうなります。しかし、この変な緊張感を楽しんでしまうのもこのイベントの醍醐味でもあります!

「将来の夢」というテーマで骨格標本が出た場面では「実は昔これを作る職人になりたかったんです!」と強引な展開にしていました。あり得なさそうな話もポンポン出てくるのも面白い所です!

魚を捌く場面を見て、速く魚を捌くアトラクションがあるんですと言ったり、芋の写真を見て芋の中にアトラクションのミニチュアがあるんですとファンタジーな発表をした彼のテーマは「遊園地」。
突飛な発想に会場は一番の盛り上がりを見せました!

「中津川」というテーマに対して「木」という軸で行こうと考えたらしい彼は、どんなスライドが出ても「実は…木で作られているんです!」と言って会場を沸かせていました。それに加え、落ち着いて堂々と話をされていたことで高得点を出し、第2回のチャンピオンになりました!


経験者と初参加が半々という状況でしたが、みなさんすぐに面白さを理解して楽しんでもらえました!

セミナーの講師としてしゃべる、など設定を作り込んで発表している方もいて、その手もあったか!と驚かされる発表もありました。

本人も観衆も先が予想できない状況で、どう話すか、それぞれの持っている世界観が試され、緊張もしつつ大いに笑えるイベントとなりました。

**********************************

私あまこのお題は「図書館」でした。
今回はとにかく嘘の内容でしゃべってみようと決めていたので、スライドに合わせて、「今注目の図書館」を紹介してみました。

その結果、「可愛すぎる図書司書ばかりの図書館」「パトカーで配本してくれる警察の図書館」「某サファリパークが運営する動物のいる図書館」など、夢のあふれる図書館が生まれました。(全て口からでまかせ)

「無いことを話すほうが難しいかな?」と思っていましたが、あることないこと何でもいいから話していい、というのは、とても気楽!!

そして、堂々と話しをされると、聞いているほうも、だんだん本当のことを話しているような気がしてくるから不思議です。あり得ない設定・論理に、何度も納得させられかけました。笑

素人が話をするだけで、こんなに笑えちゃうことってあんまりないのでは!? 次も今から楽しみです。

次回は、12月7日(土)を予定しています!
興味のある方、ぜひ予定を空けておいてくださいね\(^_^)/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*