中学になったら塾に入ろうか?
どこの塾が良いかな?
と思ってこの高木教室のホームページを訪問してくださった方。
ありがとうございます。

中学に行ったら塾が必要かな?
でも、まずは自分一人でやってみて、ダメだったら入ればいいかな?
と思っている方は、このページにはたどり着かないでしょうけど、
でも、偶然開いてしまったという場合もあるでしょうか?
それは偶然ではなく、必然かもしれません。(笑)

高木教室は、長年学習塾をやってきていますが、本来なら学校でちゃんと指導して、授業と少しの宿題で、ほとんどの子どもたちに学力がつくのが理想だと考えます。

でも、残念ながらそういうことは現在のところ難しいというより、ほぼ無理です。

私も昔小学校の教員をしていましたので、先生がどんなに頑張っても、すべての子どもに教科書内容をきっちり身につけさせるのは無理だと分かっていました。

同年齢の子どもたちですが、実際には子どもたちの発達は千差万別。
個性もそれぞれ。
早く覚えるタイプの子もいるし、ゆっくりな子もいます。

それを同じ年齢だということで、一斉に指導してしまうと、どうしてもついていけない子が出てきてしまいます。

学校で落ちこぼされてしまう子どもたちのフォローをしたいと思って塾を始めたのですが、実際に自分の子どもが学校へ行き始めた時に、
これは学校だけに任しておいたら、ちゃんとした学力は付かない!
ということに気付いたのです。

たまたま熱心に指導してくれる先生だったら良いけれど、中には宿題をほぼ出さない先生もいます(宿題はないにこしたことはないけれど、今のシステムでは家で復習しないと身についていかないことが多い)。

そして、娘が中学になった時に、英語は学校だけでは読む書く話す聴くの4技能をちゃんと身につけるのは無理だと実感しました。

話すのまでは出来なくても、せめて読む書くは塾としてしっかり教えないと!

そう思って、教科書内容だけでなく、文法事項の指導に力を入れてきました。


今年春から、中学校の教科書が変わりました。
全体的に難しくなったのですが、特に英語は1.5倍くらい難しくなった感じがしています。

それは、小学5年生6年生で英語が教科になり、それまではほぼ遊びながら英語に触れるというレベルの英語が、中学内容の前倒しになったのです。

だから、中学1年生の最初には、小学校ですでに勉強してきて身についていることを前提に授業が進みます。

中1教科書の最初に、いきなり、以下のような英文が並びます。
I am Takagi Haruyo.   
Are you from Japan?
I like music.   
I can sing.  
I want to go to Hokkaido.

Be動詞だけでなく、一般動詞もcanもwant toまでもがいっぺんに出てきて、しかもテストがあって、昨年の1年生も今年の1年生も、最初のテストで全然点が取れなくて、ずいぶん落ち込んでいました。
(今は点数が上がってきました)

数学は、計算力が必要となります
中学最初の正負の計算。理屈が分かっても、スラスラ出来る力がないと大変です。特に分数計算は、拒否感があるともうお手上げです。

そんなわけで、中学に入学する前に、以下のような力をつけておくことをお勧めします。

①アルファベットをスラスラ書ける。
②フォニックス(スペルと発音の関係)を全部でなくて良いので身につける。
 全部を学びたい人向けには、オンライン講座があります。
③自己紹介の英文を聴いて分かる、読める、出来たら書けるようにする。
④分数まで含めた四則(+、-、×、÷)計算をほぼ出来る。

そして、それと同時に、一番身につけてほしいのは。

自分から学ぼうという姿勢

「言われたことだけやる」という姿勢では、中学では宿題が無いことが多いので、勉強しなくなります。

高木教室では、何をどう勉強したら良いのかを教えます。

自分のペースで良いので、毎日少しずつでも地道に勉強することが大事です。

 

12月5日より、準備クラスを開始します。

<詳細>

曜日時間
  月曜日 16時30分~17時40分
   1人、2人の場合 現在の小学生クラスに参加。
  人数が多い場合
   水曜日 16時30分~17時40分で新クラスを作る。

料金 算数だけの場合 4000円
   2教科の場合  7000円
    その他、入塾金3000円・教材費2000円

*中学生クラスは、来年度からは週に3回になります。

現在、中学1年生2年生については席がありますので、募集しています。
詳しくはこちらをご覧ください。

お問合せ・申し込みは以下へ送信ください。
  公式LINE https://lin.ee/G1TxEug
  takagikyosi@yahoo.co.jp