ミニ映画館*チネマピッコロ

食材を選ぶ時の基準は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

最近、添加物や香料などの表示を気にしすぎて、スーパーに行くと買う物ほとんどないあまこです。

上の写真は、昨日の本やスタッフ会議の時に、オーナーから差し入れられた抹茶豆乳ぷりん。

原材料名:牛乳、鶏卵、砂糖、豆乳〔大豆(遺伝子組み換えでない)〕、生クリーム、抹茶、ゼラチン、ラム酒

 

・・・

 

すごい!全部分かる!!

何かよく分からないカタカナや「〇〇など」の表記がない!!

こんな商品がスーパーにいっぱい並んでいたら、安心して買い物ができるのになぁ。。。

 

 

さて、今回本やスタッフが集まったのは、

今月のチネマピッコロ、「パパ、遺伝子組み換えってなぁに?」上映会に向けて、

遺伝子組み換えや最近話題?の種子法について、事前にちょっと勉強しておこうと思ったからです。

 

「遺伝子組み換え」って、なんとなく怖い感じのする言葉ですが、実際どうなのか、知っている方は少ないと思います。

映画では、アメリカの遺伝子組み換え事情について、ある家族が旅をしながら探っていきます。

子ども達を心配し色んな人に突撃インタビューをするパパさんや、遺伝子組み換えを心配しつつもある程度はしょうがないし…と困るママさん、「美味しいのが一番だよ!」と素直な子どもたち。

家族の反応がとてもリアルで、遺伝子組み換えの問題についてもとても分かりやすいです。

 

 

ただ、映画では日本の遺伝子組み換えの現状については出てきません。

そこで、先日試写をした後、インターネットや本などで調べてみました。

ついでに、タネ繋がりで、廃止反対運動が起きていた種子法や、それに似た名前の種苗法についても、調べてきたことをもとに、話し合いました。

 

その結果、分かったことは。。。

 

調べれば調べるほど、よく分からない!!笑

それぞれにメリット・デメリット、賛成・反対側の推測などが絡み合い、ネットや本を読んだだけでは、「こうだ!」と断言することは難しいことが分かりました。

ただ関心を持って調べたり、法律などの動きに注目しておくこと、
食べものを買う時に「安ければなんでもいい」を基準にしないことが大事なのではと改めて思います。

 

そして、1人で調べたり考えたりするのは難しすぎるから、いろんな人と意見を交換しながら、考えていけたらいいな。

 

チネマピッコロ後のシェア会は、それができる場所!

特に、実際お米や野菜を育てている農家さんの意見が聞いてみたいです。

 

また、映画は、小さな子どもを持つパパさん、ママさん、これからの世の中をつくる中学生・大学生にもぜひ見て欲しいです!

 

ご参加お待ちしております\(^_^)/

 

詳細はこちら↓

「パパ、遺伝子組み換えってなぁに?」上映会【2018.6.24開催】

※今回は映画の配給方法が変わったため、オンラインでの予約をお願いしております。
ただ、スムーズに予約ができない方は、電話・メール予約も受け付けておりますので、遠慮無くご連絡ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

イベントの申し込みはこちらから!

電話(080-2630-1845)または
Facebookページからもお申し込みいただけます。

フォームから申し込む

コメントを残す

*