岐阜県中津川市の学習塾、高木教室のホームページ

塾長挨拶

  • HOME »
  • 塾長挨拶

こんにちは。塾長の高木晴代です。

長くなりますが、自己紹介と高木教室の経緯、今の思いなどを書きました。
はじめましての人には、読んでもらえたら嬉しいです。

高木教室の今まで

「高木教室」は、平成5(1992)年に、私の実家(現在の第二教室)の2階の一部屋から始まりました。

大学を卒業後、4つの小学校で教員経験をした後、二人目の子どもを産んだ時に、いくつかの事情が重なり退職しました。

その後、子育てに専念したり、少しだけ他の仕事をしたりしていましたが、友だちの子どもさんの家庭教師を頼まれたのをきっかけに、塾を始めることにしたのです。

当時、我が子たちは小さいし(5歳と2歳)、こんな田舎で塾をやって果たして生徒は集まるのか?続けていけるのか?と不安もありましたが、今は亡き母に「やるなら早いほうがいい。応援するから」と後押しされ、使っていない実家の2階を貸してもらったのです。


2年ほど経って、現在の自宅を建てた折に7畳半の塾部屋(現在第一教室)を作りました。

半分趣味にして、各クラス数名の生徒さんを相手に10年くらい続けられたらいいと思っていました。それが、年々生徒数が増え、10年どころか29年も続けてくることができました。


最初は小学生だけのはずが、中学生がメインとなり、高校生部も作り、10年前にはそろばん教室も開設し、助けてくれるスタッフにも恵まれて、高齢者のための脳トレ教室も始めました。(2014年には「NPО法人にこにこ)に発展しました)。


9年前には英語が得意な娘が講師になって英語教室ラブをスタートさせました。そして、2013年度には実家をリフォームして、広くて新しい教室もできました。(娘夫婦の自宅兼用)

更に、2017年5月には、国道沿いに「本や+α」という古本屋をオープンすることになり、第3の教室兼、各種講座やイベント会場としても活用してきました。近隣だけでなく、遠方からのお客さんも来てくださり、今では全国に友だちができました。
残念ながら2021年秋に店舗は閉じましたが、場所を第二教室に移して、各種講座やイベントなどを行っています。


特にこの10年ほどを振り返ると、夢のような気もしてきます。

入塾して通ってくださった生徒さん、送迎をしてくださった親御さん、
そして、縁をつなげてくださった全ての方々に、心から感謝の気持ちをお伝えしたいと思います。
ありがとうございます。

子どもたちの学力について

さて、30年の間には、教育をめぐる環境がくるくると変わりました。

ゆとり教育しかり、大学入試改革しかり・・・。

教員時代から40年近く子どもたちに関わってきて思うことは、全体的に基礎学力と言われるものが落ちてきているのではないかということです。

語彙力、読む力、表現力、どれも以前より落ちてきていると感じます。

もちろん私は塾生しかみていないので一般化するわけにはいきませんが、子どもだけでなく、親世代を見ても、語彙力や表現力は、今の高齢者の方が高いと感じます。

それは、学校教育のせいというより、様々な社会環境によるものが大きいでしょう。

私たちの想いと高木教室の特徴

そんな中で、目の前の子どもたちに、どんな力をどう身につけさせていくか。
毎年のように試行錯誤してきました。

10年ほど前から「AMK方式勉強法」というものを提唱し、生徒たちに繰り返し学習の大切さを伝え、自立的に勉強する態度を育てることを目指しています。

いつも、いつまでも、教えてもらうという受け身の姿勢でなく、自らが学ぼう!と意識し、自分で考えよう!解決しよう!とする態度を育てていきたい!

そう思って、数年前から、週に1回の授業は「AMK講座」としています。

AMK方式勉強方法とは
英語・数学だけでなく、ほかの教科でも、覚えることをオレンジペンで書き込み、赤シートを乗せて(するとオレンジペンで書いたところが見えなくなります)何度も何度も繰り返しやるという勉強方法です。

これでやるといちいちノートに答えを書かなくても、赤シートをずらせればすぐに答え合わせもできて、短時間で復習することができます。

卒業生からも「AMK方式は高校でもすごく役に立った」とか「就職のための試験勉強ではAMK方式で勉強した」との感想をもらっています。

詳しくはこちらをご覧ください。


また、5年前からは、すべての学力の基礎となる論理力をつけるためのメソッド「論理トレーニング(ロジトレ)」を取り入れました。

令和4年の授業について

令和2年、2020年春は、新型コロナ感染症により一斉休校となりました。
高木教室では、いち早くZOOMという双方向会議システムを使ってのオンライン授業に切り替えました。

6月から通常の授業を再開しましたが、オンライン授業のメリットも捨てがたく、中学生については、月曜日はオンライン授業で英語数学の指導を行い、水曜日は通塾してもらってのリアルAMK講座を行ってきました。

連和4年度も同じようにしていきます。
なお、月曜日のオンライン授業や水曜日のリアル授業に参加できない生徒さんについては、火曜日・金曜日のオンラインAMKに参加してもらうことも出来ます。詳細は以下のページをご覧ください。

教育相談や面談も行っています

私の大学での専門は、特別支援教育でした(当時は障害児教育と言っていました)。
教員時代は3年間、小学校の支援クラスを受け持ちました。

そんなこともあり、不登校や発達障がいといった問題を抱える生徒さんの指導を頼まれることもあります。

基本的には本人のやる気があれば、どんな学力の生徒さんも受け入れています。

特に発達障がいと診断されていなくても、落ち着きがない、勉強ができないなどと心配されている保護者の方の相談に乗ることも増えてきています。


コロナ感染症拡大により、世界中が大パニックになりました。
私たちも最初の頃は恐怖感を持ち、マスクをしたり消毒をしたりしていましたが、周りにコロナ患者はほぼいないことに気付きました。
様々なことを調べていくうちに、マスクをし続けることの弊害(特に子どもたちにはメリットなどほとんどなく、デメリットの方が大きい)や、消毒をし続けることで免疫力を低下させることなどが分かってきました。

ましてや、ワクチンを子どもたちにまで接種する方向に進んでいる現状には、強い危機感を持っています。保護者の皆様には、ぜひともよく調べて慎重になっていただきたいと願っています。

過剰な対策により、コロナ死よりもワクチン接種による死者(2022年1月現在1440名)や、重篤な副反応などが報告されています。
経済活動や社会活動にも大きな問題が出て、自殺者も増えています。特に若者や子どもたちの自殺や鬱が増えているというニュースに心が痛みます。

今までの常識は通用しない世界になってきていますが、人間として絶対に必要で大事にしなければならないことがあります。

子どもたちの健全な育ちを阻害してはならない、学びの場を保障しなければいけないとも思います。

保護者の皆様と協力しながら、子どもたちを育てていきたいと思っています。

いつでも相談に乗ります。
遠慮なく、お申込みください。

長い文章にお付き合いいただき、ありがとうございました。

関心があれば、以下のサイトなどもご覧ください。

また、日々の出来事などを、Facebookで投稿しています。

アカウントをお持ちの方は、友だち申請してみてください。
https://www.facebook.com/haruyo.takagi.9/

主催しているNPO法人にこにこ
https://poppinz-nico2.com/niko2-nokatsu/

店舗のない本や+αというお店で、様々な講座やイベントをやっています。
https://poppinz-nico2.com/honya-plus-alpha/

インターネットラジオゆめのたねでパーソナリティもやっています。
春よこい (yumenotane.jp)
日曜日の夜7時から様々なお話をしています。


お問い合わせはこちら TEL 0573-72-2325

PAGETOP
Copyright © 高木教室 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.