にこにこ笑顔が広がる地域づくり

代表あいさつ

こんにちは。
にこにこの代表を務めております、高木晴代です。

日本は超高齢社会と言われます。
その中で、高齢者の4人に1人、あるいは3人に1人は認知症になるとも言われ、多くの人が認知症に関心を持つようになっています。

そして、誰もができることなら認知症になりたくない、予防したいと思っていることでしょう。
行政も「介護(認知症)予防」として様々な取り組みを進めていますし、民間でも様々な予防プログラムや予防のためのサロンが行われています。

私は、長年学習塾で子どもたちに教える中で、
音読や計算が思った以上に子どもたちの脳に良い影響を及ぼすと感じ、これを高齢者もやったら脳トレになるのではないかと思っていました。
そして、15年ほど前に、東北大学加齢医学研究所の川島隆太教授の本を読んで、私が思っていたことが間違いではなかったことが分かり、大変嬉しく思いました。
そのときから、「大人の脳トレ教室」を開くことが夢でした。

思いを同じくする仲間に恵まれ、「脳活スクール」を開設することができました。

2014年にはNPO法人には登録し、少しずつ事業が拡大してきました。

下野教室の様子 脳活ブックを音読しているところです。

詳しくは「にこにこのあゆみ」に書いていますので、ご覧ください。

にこにこ笑いながら暮らすことは、高齢者に限らず、子どもも大人もみんなの望みです。

「脳活スクール」だけでなく、様々な世代が交流し合い楽しめるような企画も行い、参加者も増えてきています。
「久しぶりに子どもと触れ合って、楽しかった」と、いつにも増して笑顔のにこにこさんや、「祖父母がいてもこんなふうに一緒に遊ぶことはあまりない」という中学生の声を聞いて、私たちサポーターもやりがいを感じています。

下野小学校6年生との交流会

脳活スクールでは、毎回、音読や写し書きを行っています。
何年もの間、市販の音読教材を使ってきましたが、飽きてきたこともあって、スタッフたちで音読教材になる文章を書いてきました。
その教材をまとめて、昨年『脳活ブック』として販売を始めました。

脳活スクールに通えない人や、遠方にお住いの方などにも、認知症予防に役立てていただきたいと思っています。

おかげさまで好評で、「早く次の脳活ブックを作ってほしい」とのお声もいただき、ご要望にお応えして、1年経ったこの6月に2作目を完成いたしました。

1作目と同様、ご活用いただけたら大変嬉しく思います。


「にこにこ」の理念に賛同してくださる人(賛助会員)も増えてきています。にこにこの活動は、賛助会費に支えられてもおります。
毎年継続してくださる人がいることで、私たちスタッフのやる気にもつながっています。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

まだまだ知られていないわたしたち「にこにこ」
様々な形で情報発信し、認知症予防の一助に選んでいただけるように、スタッフたちと頑張っていきたいと思っています。
                    にこにこ代表 高木晴代

賛助会員についての詳細はこちら

お気軽にお問い合わせください TEL 0573-72-2325(事務局 高木宅) 受付時間 9:00 - 20:00

PAGETOP
Copyright © NPO法人 にこにこ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.